長岡市米百俵財団ロゴマーク
公益財団法人長岡市米百俵財団

スペシャルVOICEspecial_voice

奨学生の声VOICE OF SCHOLARS

【写真】

21期奨学生 / 渡辺晴海さん / 派遣国:アメリカ派遣国:アメリカ

私はこの度のアメリカ留学を経て、将来の夢ができました。それは、世界中の子どもたちが教育を受けられるように国際機関で働くことです。日本に住んでいる私たちは、平和な生活を送り、当たり前のように教育を受けられているが、海外の難民の子どもたちは、最低限の生活を送ることさえままならず、教育が行き届いていない現状があることを、今回の留学でとても身近に感じました。私はその子どもたちが大人になったときに国際機関という立場から教育で支えられるように、今回の留学で学んだ国際感覚や語学力を生かしながら、将来の夢へ向かって頑張っていきたいです。 動画インタビューはこちら

【写真】

20期奨学生 / 藤田亜妃さん / 派遣国:パナマ派遣国:パナマ

パナマへの約1年間の留学で気づいたことは、家族がどれだけ大切なものなのかということです。どんなことがあっても自分の味方でいてくれて、的確なアドバイスをくれたりと家族以外にはできないことをしてくれる大切な存在であることが、離れてみてわかりました。
今回の留学は楽しい思い出ばかりではなく、つらいこともありましたが、様々なことを学ぶことができ、人間的にとても成長できました。これからも海外を知って、他の人にフィードバックしたいです。また、AFSのボランティアやホストファミリーになり留学生を助けてあげたいです。周りの応援してくれた方々に恥ずかしくないように、今後生活していきたいです。

【写真】

19期奨学生 / 相田紋佳さん / 派遣国:ドイツ派遣国:ドイツ

今回のドイツへの留学は、自分を大きく成長させてくれました。ドイツのいいところだけではなく、日本の素晴らしさにも多く気づきました。日本に生まれ育ち、平和で自由な環境が整っている地で生活し、やりたいことができる恵まれた環境があることに感謝をして、精一杯生きていこうと決めました。また、今後ももっと多くの人に出会い、南米やアジアをはじめ、世界を自分の目で見たいと思うようになりました。将来は学んだドイツ語を生かし、人と関わる仕事をしようと思っています。貴重な留学体験、旅をすることができて、本当に良かったです。この経験を糧に、これからも成長し続けます。

目的別ガイドGUIDE BY PURPOSE