米百俵未来塾

150年の時を超えて現代版「国漢学校」

集え!長岡の有志たち。
米百俵の精神を引き継ぎ、
次の百年へ

熱中感動夢づくり体験

令和元年7月米百俵未来塾開校!

NEWS

全お知らせをみる

開催の様子

米百俵未来塾とは?

~ 次の100年へ 現代版・国漢学校開校 ~
今から150年前、戊辰戦争に敗れ、焦土と化した長岡のまちに、
支藩である三根山藩から送られてきた米百俵。
長岡藩大参事の小林虎三郎は、人づくりが大事であると唱え、
百俵の米を国漢学校設立の資金にあてました。
そして、150年の時を超え、その米百俵の精神を引き継ぎ、
現代版・国漢学校「米百俵未来塾」が開校します。

次代を担う長岡の子どもたちが、長岡の誇りを胸に、
自らの力で未来を切り拓き、創り出すための学びの場です。
人材育成に取り組む団体と企業、市民がひとつになり、
新しい米百俵に取り組みます。

米百俵未来塾 ご協賛者様

[ロゴ]長岡開府400年 長岡市と長岡市米百俵財団では、長岡開府400年を機に、長岡が世界に誇る米百俵の精神を次代に引き継ぐとともに、新しい米百俵として人材育成事業を展開し、長岡のみならず日本のイノベーションを支える人材を、そして国際社会を舞台に活躍するグローバルな人材を育成してまいります。
長岡開府400年記念実行委員会が、この100年先を見据えたひとづくり事業を支援するため「未来投資事業協賛金」を募り、米百俵財団がその推進役を担い、米百俵未来塾を開校します。
次代を担う子どもたちの未来を応援する、この米百俵未来塾は多くの方のご支援により、運営されております。

ご協賛者様はこちら

米百俵未来塾
スペシャルムービー

講座内容

米百俵学ぼう!米百俵の精神
~長岡の先人から学ぶ未来を切り拓く力~

米百俵の故事をはじめとした長岡の歴史や、広い視野で先を見越して生き抜いてきた長岡の先人たちの考えを学びましょう。

  • コーディネーター:荒木 正さん
  • 講師:稲川 明雄さん

7/20(土)

まちなかキャンパス長岡301会議室

主催:

長岡市米百俵財団・
まちなかキャンパス長岡

米百俵米百俵のゆかりの地めぐり
~150年前にタイムトリップ~

米百俵のゆかりの地である、阪之上小学校伝統館や昌福寺などをめぐり、先人の想いや学びを体感しながら、米百俵の精神についての学びを深めます。

  • コーディネーター:荒木 正さん

7/29(月)

集合:まちなかキャンパス長岡
見学:阪之上小学校伝統館/
   昌福寺/興国寺 等

主催:

長岡市米百俵財団・
まちなかキャンパス長岡

ビジネスプロの仕事を体験!
NJC・N-heart特別体験授業

・NJC長岡公務員・情報ビジネス専門学校特別体験授業
「デジタルクリエイター体験 ペンタブレットでイラストを描こう」

Macとペンタブレットを使ってキャラクターを描く体験です。
簡単に絵を描くコツも学びます。

・N-heart長岡こども・医療・介護専門学校特別体験授業
「はじめての介護体験」

将来に渡り高い二―ズのある介護のお仕事。最新の設備を使ってリアルなお世話体験をしてみましょう。

8/20(火)

NJC 長岡公務員・情報ビジネス専門学校
長岡市弓町1-8-37(当日集合場所)
N-heart 長岡こども・医療・介護専門学校
長岡市弓町1-8-34

主催:

ながおか・若者・しごと機構

スポーツ元陸上選手 為末大さんから学ぶ
「個で戦う~どのように志し、学び、挑戦し、実現するか~」

日本を代表するオリンピアンである為末大さんの講演を通して、志を持つことの大切さと、その実現に向けて挑戦するための心構えやマインドについて学びます。講演会のあとは、為末さんに直接質問できるプログラムもあります。

一般公開

◎為末大さんの「講演会」は一般公開します。

一般公開
応募方法
●対 象 者:どなたでも
●募   集:7/10から募集開始
●定   員:250名(予定/定員に達し次第締め切り)
●申込方法:電話、FAX又はEメールでお名前と連絡先
(電話番号・メールアドレス)をお知らせください。
申込み
問合せ先
(公財)長岡市スポーツ協会
電話 0258-34-2130 
FAX 0258-34-2170
Eメール info@n-spokyo.or.jp

8/24(土)

長岡グランドホテル

主催:

長岡市スポーツ協会

世 界世界はトモダチ
~話そう!見つけよう!平和のヒント~

長岡に住んでいる留学生と、お互いの文化の違いを発見・学びながら、みんなが平和に安心して暮らせる世界について考えます。
「自分には何ができ、どういう人になりたいか」を考えましょう。

9/21(土)

まちなかキャンパス長岡301会議室

主催:

長岡市国際交流協会

食文化チャレンジ☆お山のKITCHEN
~「山の暮らし」をちょこっと体験!~

山で暮らす先人の知恵がたくさん詰まった「保存食」と、地域食材を使った料理を作ってみませんか。楽しみながら、長岡で受け継がれてきた食文化などを学びましょう。
アオーレ長岡から古民家(川口地域)までは、貸切バスで移動します。作った料理は昼食としていただきます。

10/19(土)

集合:アオーレ長岡
会場:古民家(川口地域)

主催:

山の暮らし再生機構

長岡花火わたしの花火「打ち上げ開始でございます!」
プロジェクト

長岡花火の歴史や長岡花火に込められた想いを学び、パソコンを使ってオリジナル花火をデザインしてみましょう。みなさんがデザインしたオリジナル花火は後日打ち上げます!(打ち上げ時期は改めてお知らせします)

11/2(土)

NaDeC BASE

主催:

長岡花火財団

芸術俳優 渡辺徹さんと育むコミュニケーション能力!
~劇団「文学座」ドラマ・ワークショップ~

プロの俳優さんも、演技に活用している“シアターゲーム”で楽しく、表現力や創造力を高めます。テレビや舞台で活躍している渡辺徹さん(文学座)と、人とつながる面白さを体験しましょう!

11/10(日)

さいわいプラザ 大会議室

主催:

長岡市芸術文化振興財団

米百俵米百俵未来塾を通して
~未来へ向かってスタート~

米百俵未来塾のさまざまな分野の講座と塾生同士の交流を通して学んだことを、将来のためにどのように活かしていくかをまとめ、お互いに発表します。

  • コーディネーター:荒木 正さん

12/14(土)

まちなかキャンパス長岡301会議室

主催:

長岡市米百俵財団・
まちなかキャンパス長岡

講師プロフィール

為末 大さん講座講座4

1978年広島県生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。シドニー、アテネ、北京の3度のオリンピックに出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2019年4月現在)。現在はアスリートと社会を繋ぐ一般社団法人アスリートソサエティの代表理事を務める。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。主な著作に『走る哲学』、『諦める力』など。

渡辺 徹さん(文学座)講座講座8

文学座所属。文学座附属演劇研究所第20期。研究所在籍中の81年にTVドラマ『太陽にほえろ!』でデビュー。ラガー刑事役で人気を博す。以降、ドラマ、映画、ラジオ、ナレーション、歌手活動、バラエティ、司会など幅広いジャンルで活躍。ゴールデンアロー賞放送新人賞、エランドール新人賞、菊田一夫演劇賞などを受賞。現在も舞台を中心にしながらも活動は多岐に渡り、近年では大学客員教授として教鞭を執っている。

米百俵未来塾ロゴマーク

次の100年へ、現代版国漢学校 米百俵未来塾

マークの形態はダイヤモンドと、米百俵未来塾の「未来」と「米」です。
「来」の中に米が含まれています。米百俵未来塾の塾生はダイヤモンドの原石です。
米百俵未来塾で学んだことを生かして光り輝いて欲しいという願いを込めています。

塾の概要

Point1

人材育成に取り組む団体とひとづくりを応援する市民・企業が一つになって提供する‘学びの場’

300を超える企業や市民等の支援を受け、人材育成に取り組む8団体が頑張る子どもたちを応援します。

Point2

一人の子どもが様々な分野に触れ、感じ、そして発見することができる‘学びの場’

下記8団体がそれぞれ得意とする分野で、魅力的な講座を開催します。(7月から12月まで全9講座開催)

Point3

学年や学校の垣根を越えた交流を育む‘学びの場’

長岡市内在住または、市内の学校に通う小学4年生から中学3年生までが対象です。(塾生50名程度)

塾生募集

対象者 長岡市内在住または、市内の学校へ通う小学4年生から中学3年生まで
※すべての講座に出席できる方が対象となります。
講 座 7~12月の全9回
定 員 50名程度
受講料 無料
申込方法 下記申込フォームからお申込みください。
申込期間 2019年5月15日(水)~5月31日(金)
受講者の決定 ・6月12日(水)までにメールでお知らせします。
・申込者が定員を超えた場合は抽選となります。抽選結果は、全員にお知らせします。
その他 ・第1回講座と同日に開校式を、第9回講座と同日に閉校式を行います。
詳細については、受講生にあらためてご案内します。
・米百俵未来塾開催時に撮影した写真等は、当事業の広報のため、紙面またはWeb上への掲載等に使用させていただきます。また、マスコミ等の取材や撮影が入ることがありますのでご協力をお願いします。
・送迎等で駐車場を利用する場合は、料金は自己負担となりますのでご了承ください。

受付は終了いたしました。 たくさんのご応募ありがとうございます。