米百俵未来塾

150年の時を超えて現代版「国漢学校」

集え!長岡の有志たち。
米百俵の精神を引き継ぎ、
次の百年へ

2019年7月5月から塾生募集!米百俵未来塾開校!

NEWS

全お知らせをみる

開催の様子

COMING SOON...

米百俵未来塾とは?

~ 次の100年へ 現代版・国漢学校開校 ~
今から150年前、戊辰戦争に敗れ、焦土と化した長岡のまちに、
支藩である三根山藩から送られてきた米百俵。
長岡藩大参事の小林虎三郎は、人づくりが大事であると唱え、
百俵の米を国漢学校設立の資金にあてました。
そして、150年の時を超え、その米百俵の精神を引き継ぎ、
現代版・国漢学校「米百俵未来塾」が開校します。

次代を担う長岡の子どもたちが、長岡の誇りを胸に、
自らの力で未来を切り拓き、創り出すための学びの場です。
人材育成に取り組む団体と企業、市民がひとつになり、
新しい米百俵に取り組みます。

米百俵未来塾 ご協賛者様

[ロゴ]長岡開府400年 長岡市と長岡市米百俵財団では、長岡開府400年を機に、長岡が世界に誇る米百俵の精神を次代に引き継ぐとともに、新しい米百俵として人材育成事業を展開し、長岡のみならず日本のイノベーションを支える人材を、そして国際社会を舞台に活躍するグローバルな人材を育成してまいります。
長岡開府400年記念実行委員会が、この100年先を見据えたひとづくり事業を支援するため「未来投資事業協賛金」を募り、米百俵財団がその推進役を担い、米百俵未来塾を開校します。
次代を担う子どもたちの未来を応援する、この米百俵未来塾は多くの方のご支援により、運営されております。

ご協賛者様はこちら

米百俵未来塾スペシャルムービー

講座内容

COMING SOON...

米百俵未来塾ロゴマーク

次の100年へ、現代版国漢学校 米百俵未来塾

マークの形態はダイヤモンドと、米百俵未来塾の「未来」と「米」です。
「来」の中に米が含まれています。米百俵未来塾の塾生はダイヤモンドの原石です。
米百俵未来塾で学んだことを生かして光り輝いて欲しいという願いを込めています。

塾の概要

Point1

人材育成に取り組む団体とひとづくりを応援する市民・企業が一つになって提供する‘学びの場’

300を超える企業や市民等の支援を受け、人材育成に取り組む8団体が頑張る子どもたちを応援します。

Point2

一人の子どもが様々な分野に触れ、感じ、そして発見することができる‘学びの場’

下記8団体がそれぞれ得意とする分野で、魅力的な講座を開催します。(7月から12月まで全9講座開催予定)

Point3

学年や学校の垣根を越えた交流を育む‘学びの場’

長岡市内在住または、市内の学校に通う小学4年生から中学3年生までが対象です。(塾生50名程度)

募集要項
COMING SOON…

(4月下旬公開予定)